第13回 留守杯日高賞~展望~

エイシンルンディー(笠松)は前走、佐賀で勝利を挙げたが、浦和遠征で減少した体重は戻らず。中9日で再度の長距離遠征は心配だが、素質的には上位といえる

ブリリアントロビンは道営で一般戦と認定戦を勝利して、岩手では4戦4勝。前走はクビ差の辛勝も内容的には完勝。馬体重の減少傾向は心配だが、今回も主力の1頭

ラブソングは道営で3勝を挙げて、岩手で3着内率100%の成績。小柄な体で上積みは微妙だが、前崩れの展開になれば上位争いに加わってきそう

ハードデイズナイト(川崎)は道営でデビュー戦を勝利して以後は低迷が続いていたが、ここ2走は上々の内容。遠征競馬でも上位食い込みが狙えそう

リアンクイーンは相手強化の前走が3着で、デビューからの連対率100%が崩れたが、レース内容としては上々。今回も仕掛けひとつで上位争いに加わってきそう

オグリハート(笠松)は唯一の勝ち星は道営での一般戦だが、基本的に善戦傾向があるタイプ。それでもひと押し不足は明らかで、3連勝式の穴までに

セラミックガールは道営所属時に盛岡の芝重賞・ジュニアグランプリを勝利。その後は低迷が続いたが、岩手転入初戦はまずまず。ただ、競走除外明けの分は割引

コウギョウデジタルはデビュー戦から好走が続いていたが、重賞と特別戦ではいまひとつ。今回は叩き2走目で前進は見込めそうだが、力量的には劣勢

おすすめ記事

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP