第17回 マリーンカップJpn3~展望~

メーデイアは格上挑戦となった前走TCK女王盃を優勝。レッドクラウディアをピッタリとマークし進めると、直線入口でほぼ先頭。そこからは突き放す一方だった。キャリアはそれほど多くないが、安定して好成績を残してきた馬。マイル戦は初だが特に問題はないだろう。ここもワンサイドで勝つようならば牝馬路線のトップに立つ可能性が出てくる

スティールパスは昨年のスパーキングレディーカップJpn3を優勝。クラーベセクレタやミラクルレジェンドを下しての勝利は価値がある。近走は1400メートルでもうひと息の競馬が続いているが、終いの脚は目立っている。牝馬同士の重賞では最有力馬の1頭

オーシャンフリートは全5勝が1400メートル。1000万クラスの1700メートルで勝ち切れなかっただけに、今回の1600メートルは心配なところだ。前走河原町ステークスは芝でのダッシュこそもうひとつだったが、ダートコースに入ってからの加速は抜群。能力的に牝馬重賞ならばいきなり通用してもおかしくない。ただ、このスピードを生かすには1400メートルぐらいの距離がよさそうだ。差す競馬ができると距離の守備範囲が広がりそうだが、結果を出している今は前々での競馬になりそう

レッドクラウディアは前走TCK女王盃Jpn3で重賞連勝を狙ったが、結果は3着。好スタートを切って難なくハナに立ち、道中は溜め逃げ。しかし、4コーナー手前で手綱が動き、勝ち馬との手ごたえで完全に劣ってしまった。右回りも問題ないはずで、少し離されすぎた印象。2走前に完勝した船橋に戻り、名誉挽回といきたいところ

エミーズパラダイス(船橋)はクイーン賞Jpn3、TCK女王盃Jpn3と二けた着順が続き心配されたが、前走エンプレス杯Jpn2で2着と復活。川崎の2100メートルとの好相性を考えると、今回、パフォーマンスを落とす可能性が高いが、馬券圏内に入る力は持っている

おすすめ記事

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP